利便性などから都会では特に重宝され始めている納骨堂に関する情報

高まるニーズに対応

数珠

ICカード導入などでハイテク化していく最先端の納骨堂事情をお話します。また、一般的な納骨堂利用料金の相場など、気になる要素を分かりやすくお知らせしていきますので、これから利用する際に参考にして下さい。

運営スタイルの違い

霊柩車

タイプ別に解説する納骨堂比較。公営と民間の納骨堂にはそれぞれに違いがありますので、きちんと事前に比較検討をしておいて下さい。経済的事情により通常の墓利用が難しい家族にオススメです。

安らかに眠ってもらう

合掌

最寄り駅までの距離などから料金に違いが発生するのも納骨堂の特徴です。お墓参りを考慮するのか、それとも単純に安らぎ場所として利用するのかは家族それぞれのやり方で決めていきましょう。

手軽な埋葬法として

花

必要とする費用の安さと管理の手軽さから、徐々に一般的になってきた「納骨堂」。その情報を入手するもっとも簡単な方法は、インターネットでの検索です。納骨堂と検索をかけるだけで複数の情報サイトが表示されますし、具体的には全国の施設がまとめてあったり、地方の施設に特化していたりと、ニーズに合わせた幅広い選択肢があります。なかにはメールマガジンの配信をするサイトもありますので、継続的にお得な情報を入手したい人はこちらの利用も視野に入れるといいでしょう。またより詳細な内容を知りたいときは、利用予定の地域にある納骨堂に直接足を運んでみるのもひとつの手段。エリア内の情報を仕入れられるので、インターネットだけでは分からないところまで知ることができるかもしれません。

納骨堂を利用するには、初期費用と維持管理費用のふたつの料金がかかります。それぞれを合計した金額の相場は、仮に30年間利用するとすれば100万円前後です。一見高いようにみえますが、一般的なお墓の費用が全国平均で200万円前後とされるので、じつはその半額程度。供養をするあらゆる手段のなかでも、もっとも費用をおさえられる方法のひとつなのです。ただ上記はあくまで全国平均の相場であり、地域差はもちろん出てきます。たとえば、東京都になると、相場から50万円程度は高くなるようです。地方になればなるほどその価格は下がりますが、いわゆる大都市圏での利用を考えているなら、平均して20万円から30万円の上乗せはあると考えておいたほうがいいでしょう。